シャンプーはノンシリコンが常識!でもノンシリコンって何?

シャンプーはノンシリコンが常識!でもノンシリコンって何?

シャンプーはノンシリコンが常識!でもノンシリコンって何?

 

 

シャンプーを選ぶ場合には、何を基準に選んでいますか?
きっと、「ノンシリコン」の表示を見て選ぶ女性も多いですよね。
なんとなく使い心地が気持ちよかった、ダメージヘアが修復された気がする、などノンシリコンを選ぶ理由は曖昧かもしれません。
また、CMを見てなんとなくシャンプーはノンシリコンでなければいけないと思っている女性もいることでしょう。

 

ここでは、ノンシリコンって結局何でどこが良いのかをご紹介していきます。

気になるノンシリコンの意味

気になるノンシリコンの意味

 

ノンシリコンとは、シリコンが入っていないシャンプーという意味。ここで疑問な点はいったいシリコンとはどんな悪い成分なのか?ということになりますよね。しかし、実は、シリコン自体がそんなに粗悪な成分ではないのです。シリコンとは、髪の毛をコーティングするための成分で、いわゆる「ツルツル」にする成分です。手触りを良くし、サラサラな毛髪にする成分だと考えればいいでしょう。

 

しかし、その成分を入れないとシャンプーが成り立たないことに問題があるのです。つまりは、シャンプーに含まれる質の悪い洗浄成分が毛髪をキシキシにしてしまうということ。そのため世の中のシャンプーにはシリコンが含まれツルツルにコーティングをする必要があるわけです。ノンシリコンシャンプーが良いとされる理由は「良質の洗浄成分を利用しています」ということ。シリコンに頼らなくても、指通りがなめらかで軋まないという意味に理解するといいでしょう。

シリコンが敬遠される理由

シリコンが敬遠される理由

 

しかし、そんな髪の毛をツルツルにするシリコンですが、実際に敬遠される理由は他にもあります。

 

シャンプーのすすぎが不十分だった場合には、洗い残しのシリコンが毛根を詰まらせる原因になるのです。
毛根が詰まると、薄毛や抜け毛、フケの原因にもなってしまいます。
また、毛髪をコーティングする成分なので、その後のトリートメント等の浸透の妨げになってしまうことも。

 

そのため、世間一般では、シリコンではなく、ノンシリコンシャンプーがもてはたされているんですね。

ノンシリコンシャンプーが良い理由

ノンシリコンシャンプーが良い理由

 

ここまでの説明でシリコンが敬遠される理由はご理解いただけたでしょう。そこでノンシリコンシャンプーのいいところです。ノンシリコンシャンプーはまず、良質な洗浄成分を利用しているというメリットがあります。良質の成分を使っていないとシリコンが入っていないために、髪の毛が軋んでしまうからです。ノンシリコンシャンプーで髪の毛を洗っても髪の毛が軋んでしまうものは、ノンシリコンにしている意味が半減しています。シャンプーを選ぶときの目安にするといいでしょう。

 

また、ノンシリコンのメリットには、その後のリンスやシャンプーが浸透しやすいことにもあります。そのため、髪の毛に栄養を行き渡らせることができ、見せかけだけのスベスベな髪の毛ではなくなるということ。シリコンが毛根を詰まらせないため、毛根からも栄養が浸透しやすいのです。また、毛根に詰まりがないため、健康な頭皮環境を作ることもできます。

 

ノンシリコンシャンプーを利用する際には、その後のリンスやトリートメントが大事です。シリコンが含まれていない分、しっかりと髪の毛と頭皮に栄養を染み込ませてあげましょう。毛髪表面をツルツルにしてくれないのがノンシリコンシャンプーです。指通りがなめらかな髪の毛になるためにはリンスが大切。しっかりとリンスで毛髪表面をコーティングし、トリートメントで栄養を入れてあげましょう。指通りなめらかな美しい髪の毛になりますよ。

この成分には気をつけて!

この成分には気をつけて!

 

では、ノンシリコンの表示だけを信じれば良質なシャンプーと言えるのでしょうか。答えはNOです。注意して欲しいことは、シャンプーの洗浄成分になります。「ラウレス硫酸」「ラウリル硫酸」と書かれたものには注意が必要。この成分は、強力な洗浄成分となるためシャンプーには適していません。皮膚疾患や、フケなどの原因になることがあるので注意してくださいね。

 

また、「シリコン」表示は、「シリコン」と必ず書かれているものではありません。「ジメチコン」と表示されているものの正体も実はシリコンです。シャンプーを選ぶ際には成分表示を注意深くチェックしてみるといいでしょう。

まとめ

シャンプーはノンシリコンが常識!でもノンシリコンって何?

 

ノンシリコンシャンプーとはシリコンが含まれないシャンプーのことです。ノンシリコンという成分があるわけではありません。そして、大切なことは、シリコン自体が有害成分とは言い切れないこと。確かにすすぎ漏れなどがあれば有害にもなりえますが、シリコンそのものが体に悪い成分ではないんですよ。しかし、シリコンが含まれている理由が問題です。そのため、ノンシリコンシャンプーが良いと言われているんです。今後はシャンプーを選ぶ際には、しっかりと成分表記をチェックして髪の毛や頭皮にとってよくない成分が入っていないものにしてみましょう。きっと美髪へと導いてくれますよ。

 


このページの先頭へ戻る